ブログblog

トップ > ビジネスで数値化できないものはない。もちろんその理由も添えて。

ビジネスで数値化できないものはない。もちろんその理由も添えて。

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

ビジネスパーソンはいろんなものを数値化することが求められます。

でも、「数値化するなんて無理!」と思う対象もたくさんある。

 

たとえば「組織の活性化」

たとえば「モチベーションUP」

たとえば「ホスピタリティ精神」

・・・・・・・・・・・・

 

これらを数値化?

たしかにそれは難しいでしょう。

というか、それは無理でしょう。

 

ではこれらをどう数値化するのか。

 

こういう時こそ、「逆から考える」ことが大事です。

逆に数値化できる概念は何か。

私の答えは次の3つ。

 

ヒト(○人)

カネ(○円)

ジカン(○時間)

 

この3つは、どう考えても数的概念です。

ということは、私たちは何かを数値化したければ、

その数値化したい概念をこの3つに置き換えればいいということになります。

 

たとえば組織の活性化。

 

現状のヒトが、カネが、ジカンが、どう変わったら活性化されたことになるのか。

仮に数値で設定する。

 

ヒト:変わらない

カネ:人員コスト○%減かつ売上□%増

ジカン:就労時間が△%減

 

こうして活性化された状態を数値で定義すればいい。

さらに3つの数値があれば、

 

カネ÷ヒト

カネ÷ジカン

ジカン÷ヒト

カネ×ヒト

・・・・・

など、様々な数値をつくることができる。

その中から相手のモノサシに合う「活性化」の表現を選択して伝える。

ビジネスをしている以上、必ずヒト・カネ・ジカンのどれかが動きます。

だから、この3つの数値で定義する。

これがビジネスにおける数値化の本質です。

 

26001154_1709231535799612_5070389327241627900_n

 

あなたの仕事は、ヒト・カネ・ジカンをどう動かすのか。

そう考えてみることで、あなたの頑張りもより伝わりやすくなるでしょう。

 

どれも動かない?

本当に?

もしそうだとしたら、失礼ながらあなたは何もしていないことになります。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「ビジネス数学インストラクター養成講座」開講!

一般社団法人日本ビジネス数学協会
http://www.business-mathematics.or.jp

スクリーンショット 2018-02-20 14.46.58

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Mail Magazine>  

数字に強いビジネスパーソンを育てる方法

<RADIO>     

『深沢真太郎のビジネス数学カフェ』 FM76.7MHz

<Facebok>   

ビジネス数学の専門家・深沢真太郎

<Essay>       

女性誌『Oggi』ウェブサイト Oggi.jp (小学館) 

数字を味方にするスキルアップ術

理系男子のトリセツ

<Column>

文化放送「The News Masters TOKYO」

<Talent activity> 

パールハーバープロダクション所属

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★