お電話でのお問い合わせ 03-6869-9466 受付時間:平日(祝除く) 10:00~18:00

ご依頼
研修・講演・取材・執筆
お問い合わせ

ニュースレターnews letter

ビジネス数学・ニュースレター深沢真太郎の視点

ビジネス数学に関するセミナー情報や深沢真太郎の著作・メディア出演情報などがクイックに手に入ります!
登録無料
週1配信
PC・携帯向け テキスト形式

Sampleニュースレターサンプル

==============================================
ビジネス数学・ニュースレター ~深沢真太郎の視点~   2019.10.21号
===============================================

合理的よりも直感的が勝つ時代

-------------------------------------

ビジネス数学教育家、深沢真太郎です。

研修シーズン。
この10月から11月は多くの講座や研修に登壇します。
北は北海道から南は四国まで、多くの新たな出会いがありそうです。
ビジネス数学教育は一人ではできません。
多くの企画者・主催者・パートナーとの共同作業で初めて実現する。
今日も感謝して、このメルマガを書いています。
皆様、いつも本当にありがとうございます。

ではさっそく本題。

テーマは、「数字≠答え 数字→答え」

「数字は嘘をつかない」とよく言われます。
とりわけビジネスではパワフルなフレーズと言ってよいでしょう。
確かに、嘘はつかない。
しかし、だからそれが正解かというとどうだろう?

数字で意思決定する。
これはとても合理的な行為です。
とても正しい行為です。

でも、それがビジネスにおける意思決定の正解なのでしょうか。
合理的であることが正義なビジネスパーソンは、果たして成功するのでしょうか。
これまでの時代はそうだったかもしれない。
でもこれからの時代は・・・?

数字の価値。
数字の役割。

数字の専門家が、いまの時代の空気も掴んだうえで、ビジネスパーソンにお伝えします。
極めて本質的なことなので、・・・

・・・・

・・・・

・・・・
				

深沢真太郎×まぐまぐ稼ぐ力がつく!
数学的思考の授業

多くのビジネスパーソンが、相手を納得させることができず悩んでいます。
思考力と数字・ロジック。これらをどう使いこなすかがやはりビジネスの勝敗を決めます。
ビジネスパーソンを数学的に変身させる専門家・深沢真太郎。
講座や研修は「史上最強にわかりやすい」と評判。その内容をメルマガであなたにシェア。実践し続けることで数学的思考が身につき、勝負どろこで“伝わる”トークができるようになります。
月額 550円(税込)ただし初月無料
毎月 第2火曜日・第4火曜日発行予定 (年末年始を除く)
PC・携帯向けテキスト形式

Sample「数学的思考の授業」サンプル

=================================================
深沢真太郎の「稼ぐ力がつく!数学的思考の授業」          
Vol.25   2019.9.24号
=================================================

ビジネス数学教育家、深沢真太郎です。

このメルマガはあなたの数学的思考力を飛躍的に高めるヒントをお伝えするものです。
多くの大手企業やプロスポーツ団体などに採用されている研修プログラムがベース。
実践し続けることでビジネスで使える数学的思考が身につきます。

数学的思考はあなたのビジネスコミュニケーションを変えます。
それは突き詰めていけば、あなたの「稼ぐ力」を高めます。

ではさっそく始めましょう!


□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□

【目次】  

□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□

1.【メイントピック】ビジネスパーソンの皆さん、絵を描いてください
2.【最新ニュース】重版決定!数学女子智香シリーズ文庫版
3.【さいごに】さらに学びたい方はこちらへ 


□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□

【メイントピック】 ビジネスパーソンの皆さん、絵を描いてください

□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□=□


先日はお台場にある某企業へ。
問題(課題)解決のための分析思考研修。
タイトルだけ見ると、難しそう・・・?

私よりも優秀なコンサルタントさんたちはきっと、
MBAを取得するために学んだフレームワークや
海外の事例などを豊富にご紹介するのかもしれない。

それはそれでひとつのやり方。
しかし私はそうではない。
というか、そのような(↑)研修はできない。
そんな難しいこと、私自身が知らないから(笑)

ではどのような研修をしているか。
この日、私が参加者にお願いしたこと(やっていただいたこと)は、
たったこれだけです。

「絵を描いてください」

いまこの授業を受けているあなたの「??」な反応を期待してしまいます。
いったいどういうことか。

私たちはいわゆる論理思考や問題解決をするとき、
整理や論理構造を作ることを行なっています。
それはすなわち、頭の中で絵を描くことと同じです。

ただ、頭の中で絵を描くと言われても誰もピンと来ない。
だから、実際に余白に絵を描かせるのです。

・・・・

・・・・

・・・・

ご依頼

研修・講演・取材・執筆の
ご依頼受付中!!
ご依頼はこちら

お問い合わせ

03-6869-9466 平日(祝除く) 10:00~18:00 お問い合わせはこちら
一深沢真太郎の視点
稼ぐ力がつく! 数学的思考の授業
一般社団法人日本ビジネス数学協会
深沢真太郎の著作