ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 算数が得意な子にする方法

算数が得意な子にする方法

ビジネス数学教育家、深沢真太郎です。

 

 

たまには算数や数学の話をしようかと思う。

このブログは私の気まぐれで書いている。

まさにひとりごとだ。

 

世のお父さん・お母さんにとって、

自分の子供の教育はとても関心の高いテーマであろう。

 

誰もはっきり言わないけれど、世の中は格差社会だ。

受験や就職で競争をし、そこで(良い悪いは別にして)勝ち負けがはっきりし、

そして負け組は・・・

私も書いていて気持ちよくはないが、でも確実にそれは存在する。

だから世のお父さん・お母さんは子供のためを想って教育に熱心になる。

それ自体を悪いとは思わない。

当然だろう。

 

で、皆さんが知りたいのは、

どんな勉強をすれば・・・的な話になるわけだ。

 

例えば算数。

 

子供の教育にはその分野の専門家がおり、算数・数学教育の専門家もいる。

ビジネス数学の私がどうこう言うことではないかもしれない。

ただ、私と同世代の人たちはまさに算数を勉強する子供を持つ親が多い。

少しでも役に立てればと思い、簡潔に述べる。

 

算数が得意な子にする方法。

 

簡単です。

算数をゲームにすればいいのです。

勉強と思うと、

「なんでこんなことしないといけないの?」

「どう役立つの?」

「どんな意味があるの?」

となってしまう。

 

小学生に「どう役立つか」なんて説明しても、分かりっこない。

これはとても重要なことである。

重要すぎるので繰り返してしまう。

小学生に「どう役立つか」なんて説明しても、分かりっこないのです。

 

一方、ゲームは夢中にやる。

「なんでこんなことしないといけないの?」

「どう役立つの?」

「どんな意味があるの?」

そんなこと考えたりしない。

なぜなら、ただ遊んで楽しいだけだから。

実際、「なんでゲームばっかりしているの?」と子供に聞いてみるといい。

この答えが帰ってくるはずだ。

 

「だって楽しいから」

 

だから、算数もゲームにしてあげればいいのだ。

算数をゲームと思ったら、それだけで勝ちです。

教育的観点では、「ゲーム性を持たせてあげること」となる。

 

5+4=9

という作業をさせるだけでは嫌いになってしまう。

当たり前だ。

 

□+△=9

となるような□と△で簡単なお話を考えてみてください。

いちばんみんなが笑った話をした人が勝ち。

そんな授業なら、楽しそうだ。

 

 

またそのうち、続きを書こうかと思う。

ではまた。

 

 

 

「ビジネス数学」に関する情報はすべてここで手に入る

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

無料メールマガジン

ビジネス数学・ニュースレター 〜深沢真太郎の視点〜

スクリーンショット 2019-05-06 22.34.10https://business-mathematics.com/mail-mgazine/

 

 

学びたい人はまずここへ

まぐまぐ 深沢真太郎の「稼ぐ力がつく!数学的思考の授業」

https://www.mag2.com/m/0001684206.html

 

 

【日本初・数字が苦手な人のための本格的なビジネススクール】
ビジネス数学アカデミア第1期 無料説明会開催中!

https://business-mathematics.com/academia

 

 

【あなたもプロ講師!指導技術を短期集中で習得】
ビジネス数学インストラクター養成講座 2019年度・第6期

http://www.business-mathematics.or.jp

 

 

SMBC、三菱UFJ、ビジネススクール、商工会議所、、、
そのほか深沢真太郎が登壇する各種公開講座はこちら

bty
https://business-mathematics.com/seminar/