ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 私の著作を酷評する人の共通点。

私の著作を酷評する人の共通点。

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

私の著作を酷評する人の共通点。

それは、数学や論理学をしっかり学ばれ、その世界観を愛し、厳密性を大切にしている方々です。

一言で言えば、数学を研究対象とする方々。

 

たとえば数学的には曖昧な状態で読者に物事を語っている内容があったとする。

厳密にはそうじゃない。

数学をわかっていない。

こんなの、数学とはとても言えない。

そういうことのようです。

 

文句つけたくなる気持ちはよくわかります。

私も理学修士。

数学を正しく学んだ人間ですから。

 

しかし、私はもう数学の厳密性を追いかけていません。

数学を学問と見ていないんです。

数学を研究対象としているのではなく、数学を道具として使うことが専門です。

 

道具として使う立場の人間の言語。

研究対象としている立場の人間の言語。

まったく違うんです。

 

もし数学を正しく学んだのであれば、

そして愛しているのであれば、

その違いくらいは読み取っていただけるものと思っていて。

 

その立場の違いを理解できない方の単なる酷評コメントは、

申し訳ありませんが私にはまったく価値のないものになっています。

 

私の著作なんて、学生でも読めるような易しい内容です。

それくらいは読み取っていただきたい。

 

DSC00760a

 

余談ですが、最近ある読者さんからメッセージを頂戴しました。

私がいったいどういう意図で、どういう方に向けて、

著作を世に出しているかが明確です。

 

ありがとうございます。

あなたのような方に、私は数学を伝えていきます。

 

 

————————————————————-

はじめまして

著書を拝読し大変感銘を受け、

不躾ながら友達申請しました。

私は現在

子育て支援の

NPO設立準備をする中で

自身の数字嫌いを克服しないと

先に進めそうにないなと

先生の著書を

たまたま図書館で借りまくりました。

実は子どもの頃

応用問題はできるのに

計算問題でつまづく

器用な頭の構造で

なんでこうなるのかな?と

思っていました。

おかげで数学嫌いになってましたが

この本でスッキリです。

計算、しなかったらいい!?

元々、

論理的には考えられるんだから!

数学コトバも

自分のことも

ちょっと好きになりました。

ありがとうございます!

購入します!

感動しました!

 

————————————————————-

 

 

 

 

Mail Magazine (powerd by まぐまぐ)

深沢真太郎の「~伝える力が身につく~ 数学的思考の授業」 

初月無料!  540円(月額)

毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)予定

DSC007001

MOVIE ・WEB-TV ・SNS 

webTV「覚悟の瞬間(とき)」出演

深沢真太郎・プロフィール映像

Twitter・Facebook-Page