深沢真太郎のひとりごとblog

トップ > アーカイブ

【研修事例】成果を出す人の数学的思考〜SBイノベンチャー様主催〜

 過日、SBイノベンチャー様主催する研修会にオンライン登壇いたしました。 同社はソフトバンクグループ社内起業制度「ソフトバンクイノベンチャー(SoftBank InnoVenture)」を運営し、事業化検討が決定されたアイディアの実現に向け、支援を行っています。社員の積極的な新規事業提案を奨励し、チャレンジングな企業風...

【メディア関連】flier book labo ファンイベントにて

昨年よりパーソナリティとして参画しているflier book laboさんが私のファンイベントを開催してくださいました。 私に限りませんが、モノを教えたり指導したりする人間は、常に学んでいないといけません。しかし教えたり指導したりする立場ゆえ、意外に自身が学ぶ機会に乏しいという落と...

【メディア掲載】 LOGMI連載スタート!実は説明上手な人がやっている「数学的な話し方」

ログミーにて連載スタート。 昨年5月に開催されたトークショーが記事化。 過去最高の集客数(当時)ということで大盛況でしたが、その内容がわかりやすく再現されています。   実は説明上手な人がやっている「数学的な話し方」~ 「伝える」から「伝わる」コミュニケーション術 ~ #1/5 htt...

【有料記事】公開のお知らせ〜「10年稼げる研修講師」になる方法(note)〜

 有料記事を公開いたしました。   「10年稼げる研修講師」になる方法  https://note.com/business_math/n/nf19356702bf9     この有料記事は著者が2021年から2023年にわたり「まぐまぐ有料メルマガ」で配信した「10年稼げる研修講師になる授業」に一部加筆修正を行い、配信された内容...

【研修事例】DX 時代に成果を出す!管理職の構造化思考〜某社管理職研修〜

  先日は某大手社の管理職(主に50代)向けに研修提供。   DX 時代に成果を出す!管理職の構造化思考 〜データ活用人材が「データを触る前」にしていること〜     ご相談の背景から、「DX・データ疲れ」というキーワードが浮かびました。 規模もご予算...

【選書協力】『いかにして問題を解くか』〜ブックファースト新宿店・名著百選〜

  ブックファースト新宿店・名著百選。 今年も選者としてお声がけいただき『いかにして問題を解くか』を選書。 ベタすぎる。 しかし数学の人間としてやはり名著とはこういうものかと。 今は落合陽一さんの推薦が帯なんですね。 落合さん、いつもnewszero観ています(笑)     ...

【研修事例】数値化に必要な3つのコツ〜某大手メーカー様・風土活性PJ〜

  某社の企業風土活性化PJを少しだけお手伝いしました。 社員が楽しく学べる研修や講演のご提供。 私のビジネス数学をお選びいただきました。 社員の幸福が大事とは誰でも簡単に言えるが、実際にPJにして全社的に動くのは簡単なことではありません。 応援したいと素直に思いました。     ...

【メディア】flier book labo パーソナリティ「数学的な思考とコミュ力」

パーソナリティとして参画しているflierさんの企画『数学的な思考とコミュ力』 深沢の美声(?)がたっぷり聴けます。       今回の企画では私がパーソナリティとして、推薦したいビジネス書のご紹介も兼ねて知的な(知らんけど)トークを展開。 リスナーさんへじっくり音声で届け...

【研修事例】「論理的に伝わる意見」のつくり方〜新刊出版記念講演会〜

本日は最新刊『思いつきって、どうしたら「自分の意見」になるの?』の出版記念講演会。多数の大手企業から派遣いただいた皆様が集い、ライブ&アーカイブ配信でお届けしました。 ビジネスセミナーや社員研修で活用されたい企業様はお気軽にご相談ください。   1.「根拠は?」と言わないで 2.「言語...

【研修事例】DX時代に成果を出す!「データ活用人材」養成研修〜某大手食品系会社〜

  某社DX人材育成研修。 「我が社もDX」という掛け声だけはかかっているが現場は「??」 みたいな状態はどの企業にもあることかと思います。 私はDXの推進そのものではなく、その結果として現場が何をどうすれば良いのかを指導する立場。 その文脈におけるデータ活用の型と思考法を指導しています。 本日の...