ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 「スーツを着ている男性は2割増」は数学的である

「スーツを着ている男性は2割増」は数学的である

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

「スーツを着ている男性は2割増し」

 

知人の女性がそう言っていたのを思い出します。
どんな男性でもスーツを着るとカッコよく見える。
だからスーツ姿の男性を見たときは、
2割くらいは割り引いて評価をしないといけない。
女性なら誰もが頷く「ファクト」だそうです。

 

なるほどなるほど。

 

スクリーンショット 2019-07-05 11.39.01

 

 

 

 

 

 

正しい評価をするために割り引いて考えないといけない場面。
実は他にもたくさんあります。

 

たとえばお金。
現在の100万円と1年後の100万円は同じ価値でしょうか。

 

経済やファイナンスの分野はもちろん、
私の専門であるビジネス数学でも定番のトピックスであり、
現在価値(将来価値)という名称で紹介されています。

 

金利を仮に5%とすれば、現在の100万円は1年後に10.5万円になります。
(現在の価値)×1.05=(将来の価値)というシンプルな計算式によるものです。
では逆に1年後の100万円は現在の価値に換算するといくらでしょうか。
(将来の価値)÷1.05=(現在の価値)ですから、100÷1.05≒95.24万円となります。

(将来の価値)÷1.05=(現在の価値)

 

つまりこの計算は将来の価値から5%分を割り引き、
現在の価値に換算して評価しているということになります。
先ほどの男性のスーツの話なら、スーツ着用分は割り引いて考えることと似ています。

 

ではビジネスの話に移りましょう。

 

 

 

↓  ↓  ↓

 

ここからは有料記事になります。

こちらでぜひ続きをお読みください。

 

★note 深沢真太郎 ビジネス数学の専門家
https://note.mu/business_math

 

★まぐまぐ 深沢真太郎の「~伝える力が身につく~ 数学的思考の授業」
https://www.mag2.com/m/0001684206.html

※「note」と「まぐまぐ」の授業内容は同じです(まぐまぐは7月日配信)

 

 

 

 

 「ビジネス数学」に関する情報はすべてここで手に入る

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

スクリーンショット 2019-05-06 22.34.10

無料メールマガジン https://business-mathematics.com/mail-mgazine/