ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 「面白かった」には2種類ある。

「面白かった」には2種類ある。

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

「面白かったです」

 

そんな感想をいただけるとGoodです。

例えば研修や講座の感想。

「勉強になりました」「気づきがありました」よりも、

「面白かった」「楽しかった」の方がいい。

 

理由はシンプル。

勉強したことや気づいたことは、すぐに忘れます。

しかし、面白かったこと、楽しかったことは忘れにくいからです。

 

では「面白い」とは何か。

私は2種類あると考えています。

 

①  楽しく学べた(Enjoy)

②  知的好奇心が満たされた (知らないことを知れた喜び)

 

もし教育者が「面白かったです」という感想を欲するならば、

このどちらの「面白い」を提供するのかを明確にした方がいい。

2つの優劣の問題ではなく、選択の問題です。

 

a0001_016500

 

 

ちなみに私は二者択一というよりは、この2つの比で考えることが多い。

「5:5」がいいか、「9:1」でいいのか、など。

事前の準備も、ぜひ数学的。

 

もしあなたが教える(伝える)立場だとしたら、

どのような「面白さ」を提供しますか。

 

重要なこと。

人は、「面白かった」ことほど忘れにくい。

 

 

Mail Magazine (powerd by まぐまぐ)

深沢真太郎の「~伝える力が身につく~ 数学的思考の授業」 

初月無料!  540円(月額)

毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)予定

メルマガ

MOVIE ・WEB-TV ・SNS 

小説「論理ガール」の世界

深沢真太郎・プロフィール映像

webTV「覚悟の瞬間(とき)」出演

Twitter・Facebook-Page