ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 「数学の問題が解けない」という問題を数学的に考える

「数学の問題が解けない」という問題を数学的に考える

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

いわゆる学生数学の話をたまには。

 

ある子供が「数学の問題が解けない」とします。

なぜ解けないのでしょう。

つまり、「数学の問題が解けない」という問題を数学的に考えてみようかと。

 

まず、「解けない」の定義から始めます。

「解けない」とは「正解を求められない」としましょう。

 

続いて、正解を求められない理由はいくつあるでしょう。

①解き方がわからないから

②解き方はわかるがどこかでミスをしたから

 

では①の理由をさらに因数分解しましょう。

①−1 解くために必要な知識がない

①−2 そもそも問題の読解ができない

 

いろんな整理やロジックツリーがつくれるテーマですが、今回はこのあたりにしておきます。

 

私が問題視(重要視)しているのは、①−2のほう。

その問題が何を要求しているのか。どういう構造をしているのか。

もっとシンプルにいえば方程式の問題なのか、幾何学の問題なのか、関数の問題 なのか、……

そういったものをまず読み解くこと。

それができないことが、数学の問題が解けない大きな理由ではないかと思っています。

その証拠に、多くの教育現場で子供たちから聞こえてくるセリフがこれ。

 

「先生が説明している内容は理解できるんだけど、自分で他の問題をやると全然解けない」

 

これはつまり、この子の読解力に問題があるということです。

ここ、重要だと思いませんか。

 

PAK105215431_TP_V

 

私の専門はビジネス数学なので、ビジネスの話にすこしだけ展開。

 

どうすれば残業は減るか。

どうずれば生産性はあがるか。

どうすれば新製品は売れるか。

こういったビジネスの問題が“解ける”かどうかも同じことです。

 

「解き方を知らないから解けません」も困ってしまいますが、

「そもそも問題の中身が理解できません」も困ってしまいます。

本やセミナーで他社の事例を教わり、理解できた。

でも、いざ自分の問題になるとどうしていいかわからない。

まさに子供が数学の問題を解けないことと一緒の状況。

数学ではこれを「同型」といいます。

 

なぜ義務教育で数学の授業があるのか。

親御さんも、教育者も、あらためて本質を掴みたいところ。

 

「先生が説明している内容は理解できるんだけど、自分で他の問題をやると全然解けない」

 

こんなセリフをお子さんが言い出したら、危険信号です。

 

 

デキる人は数字_cov_0618

『マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える』(幻冬舎)

2018.7.12 on sale

https://www.amazon.co.jp/dp/4344033221/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「ビジネス数学インストラクター養成講座」開講!

一般社団法人日本ビジネス数学協会
http://www.business-mathematics.or.jp

スクリーンショット 2018-02-20 14.46.58

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Mail Magazine>  

数字に強いビジネスパーソンを育てる方法

<RADIO>     

『深沢真太郎のビジネス数学カフェ』 FM76.7MHz

<Facebok>   

ビジネス数学の専門家・深沢真太郎

<Essay>       

女性誌『Oggi』ウェブサイト Oggi.jp (小学館) 

数字を味方にするスキルアップ術

理系男子のトリセツ

<Column>

文化放送「The News Masters TOKYO」

<Talent activity> 

パールハーバープロダクション所属

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★