ブログblog

トップ > ビジネス数学 時代遅れの数学。時代に合った数学。

ビジネス数学 時代遅れの数学。時代に合った数学。

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

多様という言葉があります。

 

いろんな考え方があり、いろんな価値観があり、

 

だからこそ、いろんな答えがある。

 

正解はひとつじゃないということです。

 

ところが、かつて私たちは正解がひとつであることを強要されたことがありました。

 

そう、算数や数学の授業です。

 

正解が「3」ならば、「2.9」と答えるとバツをもらう。

 

そのような経験をしてきました。

 

ゆえに、かつて数学の問題を解くのが得意だった人ほど、

(数学的な人物ではなく、数学の問題を解くのが得意だった人というのがポイント)

 

ビジネスパーソンになってからも「正解」を求めます。

 

極端な話、

 

「いいから正解を教えてよ。次はその通りにやるからさ」

 

というスタンスなのです。

 

a0002_005816

 

ちょっと待って。

 

よく考えてみて。

 

ビジネスに正解があるのなら、誰もが成功しています。

 

でも、実際はそうではない。

 

ということは、やはり正解などない世界なのです。

 

これ、極めて単純な論理思考です。

 

いったい数学で何を勉強してきたの?

 

いくら数学を一生懸命勉強してきたって、

 

こんな単純な論理思考が使えなければ意味がないとは思わない?

 

答えがひとつの数学から、答えがない数学へ。

 

PAK23_soudapon20140503_TP_V

 

高校とか大学くらいで、もうそういう教育が必要だよね。

 

これだけ多様化している現代にもかかわらず、

 

「いろんな答えがある」ことを認めない数学はもはや時代遅れです。

 

多くの方に早く気づいて欲しい。

 

もう、ビジネス数学の時代なんです。

 

もうすぐ講義を預かる大学の期末試験。

 

当然、私が出題する問題は、正解がない問題です。

 

苦しめ、学生たち(笑)。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ビジネス数学TV <Business Mathematics Television>

ビジネス数学の専門家 深沢真太郎 ~数字が苦手な人の救世主~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<深沢真太郎オフィシャルメールマガジン(購読無料)>

いかにして人を数字に強くさせるか。

数字が苦手な人、教育業界関係者、研修担当者は必読!

数字に強いビジネスパーソンを育てる方法

メルマガ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<深沢真太郎の連載記事>

PRESIDENT WOMAN(プレジデント・ウーマン)「5分でわかる ビジネス数字塾」

小学館・しごとなでしこ 「オトナ女子ための数字アタマ塾」

幻冬舎plus 「数学的コミュニケーション術」

シェアーズカフェ・オンライン

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<深沢真太郎のベストセラー&ロングセラー書籍>

☆数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

☆数学女子智香が教える こうやって数字を使えば仕事はもっとうまくいきます。

☆そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

教科書

深沢真太郎の著作一覧

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★