ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 「数字を見ると吐き気がします」という方にお伝えすること

「数字を見ると吐き気がします」という方にお伝えすること

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

本日は名古屋で産能マネジメントスクールの公開講座。

1日かけて、数的思考の入門を学びました。

 

「数字を見ると吐き気が……」

 

そうおっしゃる方がいます(笑)

それくらい苦手、ということだと思います。

 

でも、安心してください。

数字を見て吐く人はおそらくいません。

単にイメージや感覚で「無理!」と思っているだけです。

 

PAK85_lalamushimegane20140321_TP_V

 

でも、よく考えればどんな人でも数字は普段から使います。

時間・お金・人数・・・・

日常生活で間違いなく使うし、口から発するもののはず。

 

にもかかわらず、なぜ「吐き気が……」となるのか。

答えはひとつしかありません。

 

吐き気を感じるほどに、イヤなイメージを受け付けた誰かがいるということです。

かつて、数字=生理的に無理 と思わせた誰かがいるということです。

それは、誰だ?

 

悪いのは、吐き気を感じているあなたではありません。

今から、その症状を治療しましょう。

「数字を見ると吐き気が」は、単なる病気に過ぎません。

治ります。

 

根本の問題解決を図ろう。

 

 

 

NEWS LETTER

ビジネス数学・ニュースレター(無料メールマガジン)

メルマガ

MOVIE ・WEB-TV ・SNS 

小説「論理ガール」の世界

深沢真太郎・プロフィール映像

webTV「覚悟の瞬間(とき)」出演

Twitter・Facebook-Page