ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 深沢真太郎は「論理ガール」を使って何をしているのか。

深沢真太郎は「論理ガール」を使って何をしているのか。

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

そろそろ少しはデビュー小説「論理ガール」の中身に触れたいと思います。

本書の本質は「教育」であります。

しかし、もうひとつ挙げることができるのであればそれは、「問題提起」です。

 

主人公のふたりが人生について対話をする。

「感情」側と「論理」側。

それをあなたはどう思うのか。

そしてそれに納得できるか。

そんなことをちょっと考えてみて欲しいのです。

 

だから、桜井詩織や福山翔太の主張や説明に納得できない方もいるはず。

「・・・・は違うと思う」

「納得できない」

そんなレビューも出てきたら、本書はきちんと役割を果たしているということになります。

そう思うということは、それがあなたが大事にしていることなのでしょうし、

ひとつの「答え」なのだと思うから。

 

本書は、投げかけ。

本書は、素材にすぎない。

本書は、答えではない。

 

正解のない問いに、自ら考え、答えを出す。

大事なことだとは思いませんか。

 

あなたの答えは?

ぜひ聞かせて欲しいと思います。

 

20180305深沢様(1600)¥DSC01356

 

 

 

 

小説「論理ガール」の世界観 〜ビジネス数学カフェSeason10〜

小説『論理ガール ~Lonely Girl~』の魅力

https://goo.gl/SK2Fpw

『論理ガール ~Lonely Girl~ 人生がときめく数学的思考のモノガタリ』(実務教育出版)

https://www.amazon.co.jp/dp/4788919532/

 

 

NEWS LETTER

ビジネス数学・ニュースレター(無料メールマガジン)

メルマガ

MOVIE ・WEB-TV ・SNS 

小説「論理ガール」の世界

深沢真太郎・プロフィール映像

webTV「覚悟の瞬間(とき)」出演

Twitter・Facebook-Page