ブログ「深沢真太郎のひとりごと」blog

トップ > 「入り口」に立つ人の重い責任

「入り口」に立つ人の重い責任

ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

 

昨日は産能マネジメントスクールで「数的思考入門」

 

25名の皆様と学びました。

 

ビジネススクールの講義、楽しいね。

 

スクリーンショット 2018-08-01 12.32.11

 

 

ところで、この「入門」という表現。

 

初級編という意味合いがあるかと。

 

言い換えれば、「入り口」ということでしょうか。

 

まさに入門。字の如く。

 

「入門」だからイージー。

 

「入門」だから重要な内容ではない。

 

そういう誤解があってはいけないと思います。

 

何ごとも、「入門」がいちばん大事だし、

 

そこをあずかることがもっとも難易度が高く、技術を求められる。

 

そして、責任も極めて重い。

 

「入門」を指導する者の大きな責任。

 

それを感じた1日でした。

 

あなたは「入門」を正しく通りましたか。

 

その「入門」に立っていた人は、誰ですか。

 

 

——————————————————————-

深沢真太郎・プロフィール映像

webTV「覚悟の瞬間(とき)」出演

—————————————————————–